臨時休診のお知らせ 

7月23日(火)、8月2日(金)休診となります。

8月19日(月)午後のみ休診となります。

8月27日(火)~9月4日(水)まで夏季休診となります。

来院時のマスク着用は引き続きお願いいたします。

診療報酬改定

4月からの診療報酬改正

4月からの診療報酬改定のため以下の変更があります。

1  医療情報・システム基盤整備体制充実加算

簡単に言いますとニュースでも話題になってご存じかもしれませんが、マイナカードを保険証として使用し受診をされた方、あるいはその情報(薬剤情報や健診情報)を提供していただくことにより、医師が診療上それを共有閲覧できることが可能になりました。

もちろんマイナカードを作成しさらに保険証と紐付けをされているということが前提になります。

ではどのくらい患者様の負担になるのかと言いますと

初診の方と再診の方で違いがあります。

月1回だけの算定になります。

【初診の方】

当院が受診が全く初めての方、あるいは初めてではないが新たなことで受診されたり、おしさしぶりにに受診される方も対象になります

・マイナカードを使わずに従来の保険証を使用して受診された場合 6点(60円) 3割負担の方では20円

・マイナカードを使用して受診された場合            4点(40円) 3割負担の方では10円

【再診の方】

・マイナカードを使わず従来の保険証を使用して受診された場合  2点(20円) 3割負担の方で10円

・マイナカードを使用して受診された場合            0点(0円) 負担なし

2 一般名処方加算

現在、一部の医薬品の供給が非常に不安定になっている状況があります。

コロナ禍で原材料輸入が不安定になっていることや国内ジェネリックメーカーの不祥事などで流通が不安定になっているなどいろいろな要因がある思います。

そのため処方せんを見ていただければおわかりになるかと思いますが、当院の処方せんは原則、薬剤の商品名ではなく「薬剤成分の一般名」での処方になっております。

先発品がなかったり後発医薬品の一部が供給不安定で流通がなくても、他の後発医薬品を使用できます。

確かにここ1〜2年は全てではないですが、一部薬剤流通が停止していたり、不安定になっています。

+2点(20円)の加算になります。3割負担の方で10円のご負担になります。

この加算は2023年4月から12月までの時限措置となっています。

その後どうなるのかは未定です(お国の発表があるまでわかりません)。

以上ざっくりではありますが、非常に患者様にはわかりにくいし、周知されにくいことなので取り上げてみました。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。